本文へスキップ

千葉市美浜区の訪問マッサージ。医療保険適用。

電話でのご予約・お問い合わせは0120-088 125

休診:日、月 /受付:9:00〜18:00
〒261-0004
千葉市美浜区高洲2-8-1-1107

骨折について

お年寄りの骨折

お年寄りの骨は骨粗鬆症のため骨折しやすく注意が必要です。しかし年を取っても骨はくっつきます。きちんとした治療とリハビリをすれば、骨折→寝たきりは、かなり防げます。骨折したからといって「あきらめない」ことが大切です。

骨折しやすい部位

寝たきりを防ぐには

転倒などによる骨折が要介護の原因の上位となっています。
いろいろな要因がありますが、一番の原因は「安静第一」という考えが強く、安静期間が長期になることが大きいようです。

医学の発達した現代では、治療法も進歩していますので、むやみに安静にしているのは、体力を消耗させるだけで良くありませ。
痛みがある程度落ち着いたら、動かせる部位から早期リハビリを開始することが、寝たきりを防ぐのに重要です。

寝たきりを防ぐポイント

@お年寄りの骨折後リハビリの目的は
 ・寝たきりを防ぐこと
A寝たきりにならないためには
 ・早期リハビリ
 ・リハビリの継続
 ・日常生活への早期復帰
B1日寝込むと
 ・筋力は1.5〜3%ダウン
C1週間寝込むと
 ・筋力は10〜20%ダウン
 ・骨量は約1%ダウン
 
元々お年よりは筋力が低下しているし関節も固いので、1週間も寝込んでいたら真っ直ぐに歩けなくなったりしてしまいます。

では、どうすればよいか?

@むやみに安静にしすぎない
A動かせる動作を見つけて早期リハビリ
B徐々に動作を拡大
C日常動作への復帰

 これで寝たきりにはならない!!

2度と骨折しないためには

重要なことは、
 第一に、転ばない!(骨折の8割は転倒が原因)
 第二に、骨を強くすること

お年寄りが自宅で転倒する原因を調査したところ、1位は「つまずいた」、2位は「すべった」ということです。

 自宅で転ばないためには、
  ・できれば屋内の段差をなくすことが大切
  ・床に新聞紙や広告チラシなどを置かない
  ・歩くときは意識的にゆっくりと動く

そして、筋力をつけること。
太ももの筋肉を鍛えると、膝が安定し階段昇降が楽になります。また、ふくらはぎの筋肉を鍛えると、足を蹴り出す力が強くなり、つまずきにくくなります。

骨を強くするには、「運動」「食事(カルシウムを摂る)」「日光浴」が骨を鍛える3原則といわれています。
 


プラナ訪問マッサージプラナ治療院

訪問マッサージ
0120-088 125
(043-243-5750) 

Mail: info@prana.fun

HP:http://prana.fun




コラム

どんな方が対象なの?

脳卒中リハビリに関連

脳卒中について
脳卒中の理解
脳卒中後の痛み

当院で川平法を施術しているわけではありませんが参考までに。
NHKでもTV放送されたようです、
YouTubeに動画があるようですので、
「川平方」で検索して下さい。

脳卒中リハの川平法
川平法の詳細



寝たきりにしない・・
関節リラクゼーション
リウマチについて

骨折について
変形徒手矯正術とは
だらけ体操
だらけ呼吸
AZP(解剖学的肢位